教育目標

 

(1) 目指す学校像

 

   児童生徒の一人一人の教育的ニーズに応じた適切な教育を行い、

                                       可能性を伸ばし、保護者・地域から信頼される学校

 

   - 笑顔が輝き やさしさがあふれ 歌声が響く 熊谷特別支援学校 -

 

 (2) 教育目標

 

  ○かしこく ○心豊かに ○たくましく

 

 (3) 重点目標  

 

  1 児童生徒一人一人を大切にし、成長発達を促す授業の充実

 

  2 学校・家庭・地域とつながり、チームワークを生かした学校づくりの推進

 

  3 健康で安心安全に過ごせる教育環境の整備・充実

 

 (4) 具体的な取組

 

  ① 児童生徒一人一人を大切にし、成長発達を促す授業の充実

 

   ○一人一人の課題や手立てを明らかにし、指導内容や教材を充実させ、わかりできる授業を行う。

   ○自己選択・自己決定など、児童生徒に応じたコミュニケーション力の向上を図る。

   ○ICT機器を活用した指導を工夫し、学習意欲や学習効果の向上を図る。

   ○学習の成果を生活の中で生かせるようにしたり、よさや可能性を発揮するなどして、自己実現を図れるようにする。

   ○研修や研究を推進するなど学び高め合い、教職員一人一人の実践的指導力の向上を図る。

   

  ② 学校・家庭・地域とつながり、チームワークを生かした学校づくりの推進

 

   ○心と会話が通う風通しのよい職場づくりを一層推進する。

    ・情報の共有、報告・連絡・相談の徹底、積極的なコミュニケーション

    ・互いを尊重し合い、認め合える関係づくりの構築

   ○保護者との合意形成に基づいた一体となった教育活動を推進する。

   ○児童生徒の学びと育ちを支える学校と地域のネットワークづくりを進める。

   ○肢体不自由教育の専門性を生かした、地域支援を推進する。

 

  ③ 健康で安心安全に過ごせる教育環境の整備・充実

 

   ○施設設備・備品等の管理(点検・メンテナンス)を徹底し、教育環境の整備・充実を図る。

   ○安心・安全な給食の提供と食生活を豊かにする摂食指導の充実を図る。

   ○看護教員・養護教諭・担当教員・担任等のチームで安心・安全な医療的ケアを実施する。

   ○緊急時(発作・けが・病気、不審者など)や災害時(地震・火災・竜巻・水害など)における組織的な体制の整備を図る。

 

 (5) 学部の目標

 

  小学部 ・・・・・ ○学んだことを生かせる子

 

            ○友だちとなかよくできる子

 

            ○最後までがんばる子

 

  中学部 ・・・・・ ○人の心を思いやり、自分らしく豊かに生活できる生徒

 

            ○持てる力を発揮し、心身ともにたくましく生きる生徒

 

  高等部 ・・・・・ ○進んで学習し、よく考える生徒

 

            ○社会体験を広げ、人との関係を豊かにできる生徒

 

            ○健康・安全に気をつけ、ねばり強く取り組む生徒

 

            ○自律心を持ち、適切な進路実現のため、努力する生徒

 

  訪問部(小) ・・・・ ○生き生きとあかるい子

 

            ○たのしく学習にとりくむ子

 

            ○こころゆたかな子

 

  訪問部(中) ・・・・ ○生き生きと明るい生徒

 

            ○楽しく学習に取り組む生徒

 

            ○心豊かな生徒

 

  訪問部(高) ・・・・ ○のびのびと明るい生徒

 

            ○意欲的に学習に取り組む生徒

 

            ○心豊かな生徒